「 東京藝術大学 」の記事一覧

『みなの衆 -東京藝術大学鍛金研究室で学ぶ-』宮田亮平氏監修の展覧会

『みなの衆 -東京藝術大学鍛金研究室で学ぶ-』宮田亮平氏監修の展覧会

文化庁長官(2017年2月現在)で金属工芸家でもある宮田亮平氏監修の「みなの衆 -東京藝術大学鍛金研究室で学ぶ-」展がLIXILギャラリーで開催されています。筆者は兼ねてより宮田氏作品のファンで、中でもイルカをモチーフにした「シュプリンゲン」シリーズは大のお気に入りです。日本橋三越新館のエンブレムにもなってるのでご覧になった方も多いと思います。本展は第1期(2016年12月15日~2017年1月19日)と第2期(2017年1月21日~2月25日)に分かれ、前期は多摩美術大学をはじめとする美大教授の鍛金作品の展示、後期では宮田亮平氏や東京藝術大学講師陣、そして造幣局装金課の作品が展示されています。今回は筆者が観覧した後期の模様と関連ワークショップへの参加についてレポートいたします。

『東京藝術大学』芸術学科1年進級展で見た、若き天才たち。

『東京藝術大学』芸術学科1年進級展で見た、若き天才たち。

台東区上野にある「東京藝術大学」はアーネストフェノロサと岡倉天心が中心に設立した学校で、横山大観、藤田嗣治、下村観山、青木繁、菱田春草、平山郁夫など名だたる芸術家たちの出身校でもあります。近年では「五百羅漢図展」で話題となった現代アートの巨匠、村上隆さんも東京藝術大学のご出身です。 今回SNSを通じて「芸術学科1年進級展」が行われることを知り観覧させていただくことにしました。